« それは葉っぱについた水滴 | トップページ | ヘラクレスも暑さには弱い(^^; »

2004.07.06

除毛剤は育毛剤になる?

最近、あらゆる女性の味方といわれている「イソフラボン」。「イソフラボン」の効果として、「むだ毛の抑毛」、「お肌をツヤツヤスベスベにする」、「バストアップ」、「更年期障害の緩和」、「骨粗しょう症の予防」、「動脈硬化の予防」、・・・などなど、いろいろ言われています。そんな効果があるのでしょう?

ご存じの方も多いとは思いますが、「イソフラボン」には女性ホルモンと同様の効果があるそうです。
女性ホルモンというと「エストロゲン」がありますが、これは長期にわたって使い続けると乳ガンや子宮ガンや動脈硬化などの副作用があるので使用には十分注意しなくてはなりませんが、「イソフラボン」の効果は穏やかなんだそうです。
(ホルモンと似た作用をする「環境ホルモン」とは違うらしいです。ただし大量に長期間とり続ければ、元々の身体のホルモンバランスを崩してしまうのは多分間違いないでしょう)

そこで本題に戻りますが、もし「イソフラボン」が女性ホルモンと同様の効果があるのであれば、女性ホルモンによって黒々と健康的に伸びる髪の毛を生えさせるのにも効果があるんじゃないでしょうか?

現にイソフラボン入りとうたった飲み薬の育毛剤もあるようですし、効果があるかもしれません。

え、試してみろって?
いやいや、勘弁してください。
もし、万が一、育毛したい髪の毛が除毛剤で抜けてしまってはたまったもんじゃないですから(^^;

しかしまあ、イソフラボンを一番多く含んでいる食品が大豆だそうですから、もしかしたら以前はやった「きなこ健康法」の立役者は「イソフラボン」だったのかもしれない。

|

« それは葉っぱについた水滴 | トップページ | ヘラクレスも暑さには弱い(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 除毛剤は育毛剤になる?:

« それは葉っぱについた水滴 | トップページ | ヘラクレスも暑さには弱い(^^; »