« ビルの谷間に虹 | トップページ | ヘラクレス産卵調査! »

2004.08.23

夏休みのオオクワガタ割り出し

夏休みもラストスパート、やり残した事はありませんか?
うちでは、娘と一緒にオオクワガタの幼虫の割り出しをしました。
準備としては、アルコール消毒スプレーと、カニ用のスプーン、材割り用のマイナスドライバー、プリンカップを用意しました。(我が家のいつもの割り出し道具一式です)

最初に手や道具を消毒します。念のため空中にも2・3回シュシュッとします。(そのとき直接目に入らないよう注意すること!)
材の真ん中近くにドライバーを刺して、大まかに材を割ります。(ナタがあるともっと楽ですけどね)
今回はセットしてからかなり経っているので、ほぼ幼虫でした。
幼虫は材の中を動き回るので、通ったところは材の食べかすとフンが詰まっています。これはとっておいて、プリンカップに移すときに一緒に入れてやると、離乳食のようなもので幼虫には良いと言われています。

幼虫や卵は、直接さわらない方が良いので、カニスプーンですくってマットを詰めたプリンカップに入れます。

材の方はかなり柔らかくなっていて、最初におおざっぱに割ったあとは、ほとんど娘にやってもらいました。
「ぱかっ!」と割ったあと、ぽろぽろっと2匹出てきたり、なかなか楽しく作業できました。

材割りのときに気をつけなければならないのが、気がつかないうちに下に落ちている事があるので、最後に必ず材の割りカスを確認しましょう。今回も1匹落ちてました(^^;
ちなみに割りカスは全てひとつの袋に入れて、霧吹きをして封をして保管しておきます。何故かというと、採取漏れした幼虫がいる可能性もあるからです。前回の割り出しのときは、数ヶ月後に開いたら、割りカスの中から1匹出てきました。用済みだった産卵セットの中からも、産卵半年後に1匹出てきたりします。

今回は15~6匹と卵1コが採取できました。成虫は次の産卵セットにセット中です。
別のセットには「羽化直後はホワイトアイだった2匹」がいます。次回はそちらを確認予定です。
でもまだ生んでなさそうな気配なんだな・・・

|

« ビルの谷間に虹 | トップページ | ヘラクレス産卵調査! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みのオオクワガタ割り出し:

« ビルの谷間に虹 | トップページ | ヘラクレス産卵調査! »