« ギラファが菌糸にまかれてる!? | トップページ | ギラファ集中治療 »

2006.06.16

ギラファ幼虫に心臓マッサージをする

ギラファの幼虫は未だ動かない。

10分ぐらい処置していたが反応がまったくないので、あきらめかけたところ、3匹のうち1匹の透明な腹の中身が「にゅっ」とゆっくり動いたようにみえた。
その後じっと見ていたが動く気配がないのでもう一度心臓マッサージをする。

心臓マッサージでからだを押した後のもどりで動いたのかと思い、よく見たところ、処置してしばらくあとに「にゅっ」とゆっくりうごいた。
背わたも弱々しくではあるが、脈打ち始めた。

帰ってきた!
未だ足はまったく動かないが、触覚が動き始めたのだ!

しかし背ワタの脈がうごいているのはこの1匹のみ。
ほかの2匹も重点的に心臓マッサージを続けた。
するとどうだろう・・・

もう1匹も帰ってきた。
からだが半分菌床から出ていて細かな菌糸が身体を覆い始めていた幼虫もである。

この幼虫も先の幼虫と同様に、透明の腹の部分が「にゅる」と動いて脈が弱々しくではあるが動き始めた。
10分ほど続けたところ、弱々しく、でも確実に脈打ち始めた。

最後の一匹はその後引き続き10分ぐらい処置を続けたが、残念ながら戻ってこなかった。

|

« ギラファが菌糸にまかれてる!? | トップページ | ギラファ集中治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギラファ幼虫に心臓マッサージをする:

« ギラファが菌糸にまかれてる!? | トップページ | ギラファ集中治療 »